lablog

ホームカミングデイ2013

20130519Harasensei.jpg

5月19日、すずかけ祭の企画としてホームカミングデイが開催されました。記念講演会では学長の三島先生の輝かしい近況報告に続き、総合理工学研究科長の内川先生と生命理工学研究科長の関根先生が、すずかけ台キャンパスの内側と外側について紹介されました。内川先生は、J2,J3棟の高層棟の建設やウッドデッキの新設等、変わりゆくキャンパスについてお写真を披露。さらにペリパトスギャラリー・文庫・シネマ等の紹介をされました。関根先生は学生を支えている寮に注目され、さらに玄海田公園(運動広場)や、キャンパスを囲む信仰の対象として長津田十景としても知られている飯縄神社や天王鶯林、第六天神社・正一位稲荷神社について紹介されました。
目玉となったのは、原 亨和(はら みちかず)先生(応用セラミックス研究所教授)のご講演「この世界どこまで残せるのか -サバイバルサイエンスの挑戦―」。生き残るためには「無限のエネルギーを手に入れる」「化石燃料をできるだけ使わない」ことが大切。触媒は不可能を可能にするものであり、食糧の増産に必要なアンモニアの効率合成について、その"魔法"のメカニズムを説明されました。またバイオマスの非可食部(セルロース)を利用し、これまでにないエネルギー収支でポリエステルを合成できる技術について紹介されました。ペルム紀の大量絶滅の引用やインパクトのある写真やイラストが次々に登場し、どよめきと爆笑が繰り返されるようなお話でした。写真は、サバイバルサイエンスについて熱く語られた先生。何か得した気分にさせられるような、そんな素敵な講演会でした。

Track backs (0)

このエントリーに対するトラックバックURL :
http://titech-lablog.jp/cmt/mt-tb.cgi/187

ホームカミングデイ2013 - にコメントする

: 
: 
: 
カテゴリー

イベント (37)

オープンキャンパス (6)

大学院入試情報

研究室便り (149)

論文発表会 (8)

最新のエントリー

【菅野・平山研究室】 三大学合同ゼミ合宿

【原・林研究室】ARN Summer Camp 2013

【菅野・平山研究室】送別会

【菅野・平山研究室 】 博士論文公聴会

【稲木研究室】 山崎先生講演会

【原・林研究室】Carina (ワシントン大学) 来研

Recent report from Yamashita and Tomita lab

ホームカミングデイ2013

オープンキャンパス・ラボツアー

新入生加入

最新のコメント

[淵上・跡部研究室] フッ素セミナーへ参加

 └ Hiropi from Y Lab - 2011/03/10

 └ Nao from Y Lab. - 2011/03/10

月別アーカイブ

2013年9月 (1)

2013年8月 (2)

2013年7月 (2)

2013年6月 (2)

2013年5月 (2)

2013年4月 (2)

2013年3月 (1)

2013年2月 (2)

2013年1月 (3)

2012年12月 (3)

2012年11月 (2)

2012年10月 (2)

2012年9月 (2)

2012年8月 (4)

2012年7月 (2)

2012年6月 (5)

2012年5月 (2)

2012年4月 (1)

2012年3月 (2)

2012年2月 (3)

2012年1月 (4)

2011年12月 (3)

2011年11月 (5)

2011年10月 (1)

2011年9月 (2)

2011年8月 (2)

2011年7月 (4)

2011年6月 (2)

2011年5月 (6)

2011年4月 (3)

2011年3月 (4)

2011年2月 (3)

2011年1月 (5)

2010年12月 (4)

2010年11月 (4)

2010年10月 (3)

2010年9月 (5)

2010年8月 (4)

2010年7月 (6)

2010年6月 (5)

2010年5月 (4)

2010年4月 (3)

2010年3月 (5)

2010年2月 (4)

2010年1月 (4)

2009年12月 (4)

2009年11月 (4)

2009年10月 (5)

2009年9月 (5)

2009年8月 (3)

2009年7月 (5)

2009年6月 (4)

2009年5月 (6)

2009年4月 (6)

2009年3月 (5)

2009年2月 (4)

2009年1月 (3)